虫歯じゃないのに歯が染みる理由

虫歯がないのに歯が染みるお悩みを解消するデンタル情報サイト

知覚過敏と基本的な治療方法

この記事をシェアする

象牙層の露出=知覚過敏

虫歯がないにもかかわらず、飲食の際に冷たいものが歯に染みるのであれば、歯の表層直下にある象牙層の露出によって、冷たいものの冷気が神経に伝わりやすくなっていることが懸念され、この象牙層が露出した状態は一般に知覚過敏と呼ばれる症状です。

歯の象牙層の露出の原因として考えられるのは、歯の表層のエナメル質が何らかの原因で薄くなったり、破損したりすることであり、虫歯以外だと歯周病によって歯茎が退縮し歯からズレることによって歯の根元に近く、エナメル層に覆われていない象牙層部分が露出することがありますし、歯のブラッシングのし過ぎによるエナメル層の損耗、歯ぎしりや食いしばりによるエナメル層へのダメージ、酸性の強い飲食物の頻繁な摂取による酸蝕歯などが、歯の象牙層の露出、つまりは知覚過敏につながります。

知覚過敏の基本的な治療法

知覚過敏の原因を大別するなら、歯茎の退縮によって歯と歯茎にズレが生じる歯周病、歯の表面にあるエナメル層が損耗する程の過剰なブラッシング、要は磨き過ぎ、歯と歯茎どころか顎への悪影響も懸念される歯ぎしりや食いしばり、酸性の強い飲食物の高頻度の摂取によって、歯のエナメル層が溶かされてしまう酸蝕歯に分けられるでしょうか。

当然ながら、知覚過敏は原因によって治療方法が異なっており、歯周病に起因する知覚過敏ならば、歯周病の治療がそのまま知覚過敏の治療になりますし、過剰なブラッシングの場合、適切な歯の磨き方を身につけつつ、フッ素の配合量の多い歯磨き粉を使いフッ素によってエナメル層のダメージを補い、歯ぎしりや食いしばりが癖になっているなら矯正、矯正が難しければ歯科医院でマウスピースを作成して歯ぎしりや食いしばりを予防、酸蝕歯は酸性の強い食品の摂取頻度の抑制とデンタルケアによって治療するのが基般的です。