虫歯じゃないのに歯が染みる理由

虫歯がないのに歯が染みるお悩みを解消するデンタル情報サイト

冷たいものも熱いものも染み得る

この記事をシェアする

冷たいものが歯に染みる

冷たいものが歯に染みるというのは、さして珍しいことではなく、歯が健康であっても十分に起こり得るなど、冷たいものが歯に染みることは必ずしも口内に病疾患があることを意味するわけではありませんし、仮に口内の病疾患に由来して冷たいものが歯に染みたとしても、冷たいものが歯に染みるのは軽度な症状であるため、あからさまな異常が見られない限り、歯科医院で診察を受ける必要こそあっても、深刻に捉える必要はありません。

最も、仮に病疾患を発症していても軽度である可能性が高いとはいえ、虫歯や歯周病であっても、初期段階で治療できるか否かの差は大きいため、突発的に冷たいものが歯に染みる症状に見舞われた際には、素直に歯科医院で診察を受けてください。

熱いものが歯に染みる

熱いものが歯に染みるのであれば、冷たいものが歯に染みるのと比べて格段に危険性が高く、歯の病疾患の進行が強く疑われるため、可能な限り速やかに歯科医院で診察を受けるべきですし、冷たいものが歯に染みる時のように楽観視はしないことをお勧めします。

熱いものが歯に染みることが、なぜ冷たいものが歯に染みる以上に深刻なのかといえば、冷たいものからの冷気に比べ熱いものからの熱気が歯の神経に伝わりにくいことから、熱いもが歯に染みるという状況は、歯に生じた病疾患等の異常が歯の神経付近にまで迫っている可能性が極めて高く、歯の神経まで病疾患が達すると、詰め物による自然歯のカバーが望めず、抜歯という取り返しのつかないリスクを負うことになりかねないためです。