虫歯じゃないのに歯が染みる理由

虫歯がないのに歯が染みるお悩みを解消するデンタル情報サイト

歯が染みる知覚過敏の原因になり得る様々な要因

この記事をシェアする

飲食物が歯に染みる根本原因

飲食に際し歯が染みる、代表的な例として冷たいものを飲食した時に歯に染みるというものが挙げられますが、冷たいものが歯に染みる原因となり得る要素として有力なものは、虫歯と歯周病がトップで、これ以外に個々人の歯の質や生活習慣、虫歯や歯周病以外の病疾患などが考えられるでしょう。

ただし、冷たい飲食物が歯に染みるという状況は、歯の表層にあるエナメル層が健在である限りほぼなく、虫歯や歯周病によってエナメル層が破壊され、エナメル層直下の象牙層が露出してしまった可能性が最有力であり、飲食に際し歯が染みるなら、象牙質の露出が最も疑われ、特殊な例外を除けば、飲食に際し歯が染みる根本原因は象牙層の露出にあると考えて間違いありません。

象牙層の露出以外でも歯が染みる?

歯に冷たいものが染みる場合、最も疑わしいのは象牙層の露出に他なりませんが、歯が染みる原因が象牙質の露出だけであるというわけではなく、象牙層の露出以外にもいくつかの原因が考えられます。

例えば、虫歯は象牙層の露出を招く最有力要因の一つですが、象牙層の露出に留まる歯周病とは違い、虫歯は進行すると神経にまで達するため、歯の神経の露出によって冷たいものが歯に染みるということはあり得ますし、日本では度々見られる生まれつき歯の表面のエナメル層が薄い体質なら、冷たいものからの冷気が象牙層に達し歯に染みやすくなりやすい傾向にある他、過度に力を込めて歯のブラッシングをした結果、歯の表面のエナメル層が薄くなることもあるでしょう。